いけいけー

<< 妹の撮った写真 | main | Noblesse Oblige >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | 「pookmark」の意味がわかりません |
初恋の人からの手紙
 ヒロト、ひさしぶり。
もうミニスカートを見ると「けしからん」と言うクセは治りましたか?毎日のように怒っていたヒロトをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にヒロトが「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう8年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

思い返してみると、あのころはヒロトはとても優しくて、大人びていたなぁと思います。私は素直になれなかったから、平気で「ヒロトはどうせ胸さえ大きけれ ばいいんだよね!」なんて責めるようなことを言ったけど、ヒロトは「そんなことはないよ。カラダ全体が大事だよ」って優しく諭してくれたのを覚えています。少しヒドイと思ったけれど今でも心に響いています。

私はともかくヒロトにとっては初恋の相手が私だったんですよね。そうそう、最初のころのヒロトは、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていましたね。家に帰ってからすぐ洗ったけど、ヒロトが幸せそうだったからそれでいいんです(笑)。

ヒロトは付き合った当初から思いやりに溢れていて、「一生おれについてきてもいいよ。女はおまえ一人でいいから」と言ってくれましたね。何様かと思いましたが、すごく嬉しくもありました。その後、結局何人にそのセリフを言ったんですか?それからのこと知りたいです。

ヒロトと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。ヒロトと別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はヒロトが大好きでした。これからもヒロトらしさを大切に、そして当時のように猪木のモノマネをみんなに披露しながら(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 当時ムーンウォークをやたらやっていたけど、前代未聞の下手さでしたね…。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 8年か。
| 日々 | 21:34 | comments(2) | trackbacks(0) | 「pookmark」の意味がわかりません |
スポンサーサイト
| - | 21:34 | - | - | 「pookmark」の意味がわかりません |
コメント
ゆうこ

こりんのコメントを見た人がみんな、おれの初恋の人=こりん て言ってたよ。
| hiroto | 2009/04/19 8:48 PM |
結果内容、ツッコミどころ満載なのに、
「というものをゆうこさんがやっていました。」
でシメるの!?笑

なんか、想像つく結果だったよw
| ゆうこ | 2009/03/20 12:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://h-612.jugem.jp/trackback/839
トラックバック
I am

旬.
Twitter!
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT CMT
RECENT TB
RING
はてなRING
GET the Firefox!
Firefox 2 無料ダウンロード
subscribe with
Bloglinesで閲読登録

QR CODE
qrcode
SPONSORED LINKS